1/5

「食べる」

×

「話す」

​=

「生きる」

全力で支えます!

​訪問看護

ワースリビング座間 訪問看護 リハビリ

​訪問看護とは?

訪問看護とは、病気や障害を持った人が住み慣れた地域でその人らしく在宅生活を送れるよう、看護師等が生活の場へ訪問して自立への援助を促し、在宅生活を支援するサービスです。

ワースリビング座間 訪問看護 嚥下障害 座間市

​ご利用案内

訪問看護を利用するにあたり主治医の指示書が必要です。
ケアマネジャーや主治医・病院地域連携室の方々に相談していただくか、直接訪問看護ステーションにお問い合わせください。

ステーションのご案内

ワースリビング座間 訪問看護 リハビリ

​専門性の高い看護の提供

​病院での各科病棟経験豊富な看護師が複数在籍。地域中核医療機関や診療所と密に連携を取りながら、利用者様やご家族に寄り添いながらも、根拠に基づいた、安心・安全な看護の提供を行います。

ワースリビング座間 訪問看護 嚥下障害 座間市

​言語・嚥下リハビリ対応

​専門の言語聴覚士が複数在籍。失語症や高次脳機能障害、摂食嚥下障害に対するリハビリが行えます。

もちろん、身体機能の改善等に対しても専門の理学療法士・作業療法士がお手伝いします。

「食べる」「話す」という、人間としての基本的かつ必要不可欠な機能を守るために、支援を必要とされているご利用者様・ご家族様に、希望と新しい価値の提供をしていきたい。

人生には生きていく価値がある 

“Life is worth living”